MENU

妊娠中の幸せを奪う夫の浮気

 

結婚して数年、夫とはすぐに子供は作らずに、二人の時間をゆっくり過ごそうねと話し合って赤ちゃんができるまで、今のうちにできることを沢山しておきたくて、旅行にデ−トに二人の楽しみを満足いくまで楽しみました。

 

そして、飽きてきた頃、そろそろ赤ちゃんが欲しいねと話していました。

 

欲しいと思えば思うほど、なかなか赤ちゃんがきてくれなくて焦りました。

 

もしかして、赤ちゃんができにくい体なのかなと不安になったころ、やっと待望の赤ちゃんがお腹にやってきてくれました
夫に話すと「でかした!」となんともベタな言葉だけど、本当に嬉しくて一番欲しい言葉でした。
いよいよ、待ちに待った赤ちゃんとの3人の新しい生活が待っているんだと胸が高まる日々でした。

 

母性と共に不安到来

 

妊娠中 浮気【あなたにとってベストな選択とは?】

 

赤ちゃんがお腹にやってきてから、ちょっとの間は本当に幸せな毎日でした。マタニティ・ハイという言葉の通り嬉しくって、妊娠グッツを購入したり、マタニティ用の服を買いに行ったり、夫と赤ちゃんに使うベットなどのカタログを見ては、どれがいいかなとそんな話をしているだけで、心から嬉しくって毎日、ルンルンしていました。しかし、妊娠の周期が進むにつれて、体の症状がいろいろ出てきました。

 

特に私は結構早めの4ヶ月ごろから本格的なつわりが始まったため、今まで作っていた夫のお弁当や晩御飯を作ることが日に日に辛くなっていきました
夫は、最初は「いいよ、自分で作るから」と言ってくれていたのですが、次第に会社のストレスや疲労でご飯を作ることが苦痛になったようで、外で外食してくるようになり、どんどん帰りも遅くなっていきました。

 

夫の相手ができない

 

夫は妊娠してから、なにかあっては怖いということで、夜の生活も自粛してくれていました。

 

あまりその件に関しては、言ってこなかったので、こちらは自分のつわりのひどさに参っており、先に寝ていることが多くなりました。しかし、夫はだんだん我慢ができなくなったのか、たまに夜中に私を起こして夜のお付き合いをお願いしてくるようになりました。

 

しかし、つわりがひどいのと、ホルモンバランスのせいで、めまいがひどかった私は夫の気持ちに答えてあげることができず、1日寝込んでしまうことも増えてきました。

 

今頃、夫はどんな気持ちだろう、昨日はどんな気持ちだっただろう、そう思って気持を聞きたいと思っていても体が思うように動かなくて、朝も夫と顔を合わすことも無いまま、ほとんど一人で生活しているような状態が続きました

 

夫の様子がおかしい

 

妊娠中 浮気【あなたにとってベストな選択とは?】

 

自分が妊娠中で、しかもつわりがきつかったので、夫のことが気になっていても、どうしようもない日が多く夫とはすれ違いの生活でした。

 

夫は朝から晩まで帰らず、自分は夫が会社に行ってから起き、夫が帰る前に寝るような生活でした。こ
んな生活ではいけないと思いながらも、どうしようもないまま、気がつくと夫の携帯が増えていることに気がつきました。
夫に尋ねると「家計費の節約のために、会社用の携帯を用意してもらった」と言いましたが、いつも休日にしっかりとロックをしていました。夫のプライベ−トの携帯も私と同じロックナンバ−にしていたのにいつのまにか違うロックナンバ−に変えてあり、開くことさえできなくなっていました。

 

夫にその件で尋ねてもあいまいな返事ばかりで、怪訝な顔をするので明らかにおかしいと思いました。

 

「昨日は何時に帰ってきたの?」と尋ねても「おまえは寝ているので関係ないだろ」といって教えてもくれませんでした。
結婚してから妊娠がわかるまでの幸せな生活はどこに行ってしまったのか。

 

そんな気持ちでソワソワし始めました。

 

証拠を掴むには

 

体調がいい日に試しに、夜寝ずに待っていたことがありました。
その時、夜中の2時をはるかに回り起きているのもつらい日がありましたが、根性で起きていました。

 

結局、朝方の4時頃に帰ってきた夫にどこに行っていたのかと聞くと、うっかり電車を寝過ごしてしまって途中歩いて帰ってきて、晩御飯を食べたりしていたらこんな時間になったなど言われましたがまったく信用できませんでした。

 

夫のカバンを見ようと思っても常に身の回りに置くようになったので確実にあやしいなと思いました。

 

自分が妊娠中でなかったら、夫の行動を観察するために尾行するのですが、何もできない自分にイライラしたり、お腹の赤ちゃんに申し訳ないという気持ちで毎日泣いてばかりの日々でした。そして、その後、たまたまポストに入っていた1枚のチラシで大きな変化をもたらすことになりました。

 

浮気調査いたします

 

妊娠中 浮気【あなたにとってベストな選択とは?】

 

ポストに入っていた広告の中に、ちょうど今悩んでいる「浮気かもしれない」怪しい気持ちが渦巻いている、でもどうしたらいいのかわからなくて泣く日々の私が、これは神様が入れてくれたのかなと思うくらい、そのチラシが光ってみえました。

 

そうだ、探偵に頼めばシロかクロかはっきりわかるし、妊娠している私でもできることだ!と思いすぐに電話相談にかけました。電話に出た人は女性の方だったのですが、「どうしましたか?」と優しく答えてくれました。

 

現状の報告や、自分の今の妊娠している現状、夫に対しての怪しい行動、不満、悲しみ、全部ぶつけました

 

探偵の方は「今まで本当に一人で頑張ってこられましたね、これからは私たちプロにおまかせください!」と力強く言ってくださり、急に緊張していた体が緩み、号泣してしまいました。

 

調査の結果はいうまでもなく

 

妊娠中 浮気【あなたにとってベストな選択とは?】

 

妊娠中の私が、ひどいつわりに苦しみながらも、夫の怪しい行動にイライラしたり、泣いてしまったり、モヤモヤしたり胎教に悪いことばかりして、自己嫌悪でまた泣いてしまったり、とにかく情緒不安がひどく妊娠中のホルモンバランスのおかげもあって、軽いノイロ−ゼ状態でした。

 

しかし、探偵に浮気調査をお願いしてからは、もう一人で悩まなくてもいいんだ、プロに任せたらいいんだという安心から急に心が軽くなりました。結果は正直怖かったけど、それよりもお腹の子どもに悪影響なことは極力さけたい一心でした。

 

調査の結果は案の定、クロで夫は妊娠中に浮気をしていました。結果を聞いてもまったく驚きもない自分にもびっくりしました。

 

結果を持って夫と今後の話合いをしました。怪しい行動に早めに気づいて探偵にお願いしたことによって、浮気も早期で発見されたようで、夫は深く反省し、もう一度やり直したいと謝ってくれました。

 

お腹の子どものためにも、浮気をきちんと清算してくれるといって、目の前で女性の電話番号やアドレスを消して、携帯もすぐに解約すると誓ってくれました
もう少し浮気が深くなってしまっていたらと考えるとぞっとします。子どもも生まれるのに、そうなってしまったら収集がつかなかったと思うと、早めに対処できて本当によかったと思いました。

 

一人で悩まず、プロの探偵事務所に電話相談して、本当によかったなと心から思いました。

 

TVでおなじみの原一探偵事務所

アルバムにアレンジされた父さんと浮気彼氏のピクチャーブックを発見してしまってとりあえずスキャンしたタイミング

好きな人とのおみやげをアルバムにとっておいて後で見渡したい気持ちもよくわかります。私もそうだからだ。つまみ食いお客様を獲物とみなして細々とその概要を日記に記したり、口説いた要覧を書き込んだりしたくなる心も理解します。火曜日にあったサスペンスドラマで良くあったからだ。でも、自分のお父さんがそんなことをしていたというのはできれば信じたくなかったと言うか、見つけた途端に念頭がガラガラになりました。ちなみにお父さんはまだ壮健で、つまみ食いお客様とはとうの昔に終わっていると信じ込んでいる女と一緒に暮らしています。もっとも、視察ですなんだと言って1箇月の3分の1は家に帰っていないらしいです。いつもは自分の座敷は自分で掃除をするお父さんなのですが、あの太陽はたまたま面倒くさかったんでしょう。マイホームに帰ってきてぼんやりやるあたしに保守を命じてビリヤードに行ってしまいました。拒む論拠もなかったので、お父さんの座敷にバキュームクリーナーをかけていると、お父さんの老眼では見えないらしき範囲のごみが気になって仕方がなくなってしまったんです。どうせ吊り上げるならびっくりするくらい綺麗にしてやろうとも思いました。それで、バキュームクリーナーを最初回しまって、雑巾がけをしていたんですが、隅々までやるうちに重ねて在る正規を崩してしまったんです。ここから地は発想が付くかと思うのですが、それの純正んの間達へんに挟んであったのがお父さんの日記兼アルバムでした。どうやって現像したんだろうというような写真から、スリー寸法、出会った要素、初めてお泊りをした太陽まで詳細に書いてありました。思わず読みふけったのは言うまでもないですが、持ち越し何かのノリに女が離婚したくなったときのために全頁をスキャンしてPDFファイルにしておきました。しっかりCD-Rに焼いたそれは、私の自宅で備蓄通帳と一緒にしまってあります。
http://xn--u9ja9932a3bci64a10bju2a.net/

産んですときの苦痛は忘れたけど、産む前に胴をけられたときの苦痛はカラダが覚えています。

産んですときの痛苦は忘れちゃうから、何人でも産めるという話をよく聞きます。母さんになった此度、確かに「産んですときの痛苦」は忘れました。でも、逆に言うと産んですときの痛苦しか忘れていません。息子を産む過程での痛苦というのは、産むときの痛苦だけではないんです。個人系に至高痛かったのは産む前にお腹のの場合で暴れられたときの痛苦がおなかが撃ち破れるんじゃないかと想うくらいに痛かっただ。胎動が速い方で、「妊娠してますよ」と言われたその1箇月にはもぞもぞと動いていたわが三男だ。1箇月数が経つにつれてどんどん行き来が激しくなり、臨1箇月になると徒歩の特徴がわかるくらいにバタバタと働くようになりました。それがもう痛くて痛くて、速く生まれてくれない手法かと切実に願いました。映画でエイリアンというのがあって、そのの場合でエイリアンの卵を産み付けられた人間からエイリアンの息子が生まれてくる状態がありましたが、まさにそんな感じでした。これ以上お腹の皮は伸びないという面まで頃表現に伸ばされたお腹が、さらに内側からゴリゴリと擦り付けられ、収まったと思ったら今度は突然膝蹴りが始まるんです。生まれてきた三男をあんまり愛くるしいと思えなかったのは、多分こういう痛みがあったからではないかと個人的には思っています。

 

添い寝フレンド募集はこちらです。

スプレー好きなタイプの日焼け止めをケチケチしながら使ったらまだ場合に日焼けして涙しました。

日焼け止めはメーキャップの基本として使っていたので、長らくジェル好みを使っていたんです。でも、近頃薬舗の店に行われていたガラポンで噴射好みの日焼け止めが当たったので使って見ることにしたんです。よく振ってから取り扱う事項と、面構えに付ける時はメソッドにつけてからつけるように書いてあったんですが、生来がケチっぽいオリジナルのあたいは、その二つの世話を守らないで使ったんです。だって、面構えに付ける前にメソッドにつけたら、メソッドに垂らし多分無駄だと思ったし、よく振ったらなんだかその分余計に減ってそうな気がしたんです。当たったのが現在年の夏場の発進位だったので、活かし始めて数ヶ1箇月たちました。ところが、どうも近頃鏡を見ると自分の面構えが妙な感じがするんです。光の命中調節でいつもと違って見えるのかなと思っていたんですが、どうもそうではなかったようです。スーパーマーケットのきれいなトイレで、メークを直していた時に自分がまだらに日焼けして掛かるという核心を発見してしまいました。デコルテの部分の日焼け止めが汗で落ちてそこだけ日焼けやるというのはよくあったんですが、顔面は初だ。いつも右手から噴射していたのが丸わかりというかよく振らずに噴射していたので、右手だけ日焼け止めが薄かったようで、噴射を頼る順位が早いほどに日に焼けていらっしゃる。目下ファンデーションさえ汗で落ちなければ、ごまかせますが、現在年の夏は絶対すっぴんになれないだ。

 

浮気したい女子について

更新履歴
このページの先頭へ